1F 2F 3F 4F 5F 6F

「アシュウィンの月」( Veda Clendar Meditation )

アシュウィンの月

9月27日と10月11日月曜日の Veda Calendar Meditationはアシュウィンの月となります。

古から「人間と宇宙はひとつ」
というヴェーダ哲学の教えに基づいた暦には、宇宙の営みに合わせて私たちのバランスを整える素晴らしい伝統が残されています。

「心を落ち着かせ癒しを得る瞑想」
⁡9月17日からはアシュウィンの月と呼ばれており、特に満月の最大限に輝く月の光は心を落ち着かせ、癒しを与えてくれます。

この期間、月が永遠の甘露(アムリット)を滴らせ、月の光は肉体と魂に栄養を与える性質を持つようになります。

満月の夜に、銅の壺に水を入れて月夜に当てて翌日に飲めば宇宙のエネルギーを取り入れることができると言われています。

⁡アシュウィンの月のヴェーダ暦瞑想ではこの時期の宇宙からのエネルギーを最大限に受け取るための過ごし方や瞑想方法をニーマル先生のガイドで行って行きます。

自分を見つめ、自然とリズムを合わせ、自分だけの小さな世界から自然の壮大な空間へと意識を拡大しましょう!

⁡より宇宙のリズムを感じることができるヴェーダの暦に基づいた瞑想法。是非ご参加ください。

Everybody everyday, let’s meditate.

PROFILE


ニーマル・ラージ・ギャワリ氏


ネパールにて、祖父が創立した王立アローギャ・アシュラムで9歳から本質的なヨーガ(アーサナ、呼吸法、メディテーション)の研鑽を積み、古来からのヒマラヤメディテーションの叡智の継承者。15歳より王族、政府要人らへの指導を開始した世界の瞑想界のサラブレッド。22歳でヨガメディテーションの博士号を取得し名門Tribhuvan大学で経営学科を卒業し、ビジネスにも精通したメディテーションの研究者となる。 約30年間、20カ国で教え、2003年来日後にヨガ&メディテーションティーチャーを100名以上輩出したプロの教育者。2019年よりスワル株式会社を設立。現代人に合ったメディテーションやマインドフルネスの多数の手法・ビジネスパーソン向けのニーマルメソッドを提供している。